土用の丑の日とは!?!?!?うなぎを食べナイト!?!?!?

calendar

こんにちは、kenです。

夏の暑い時期になると、毎年この時期が来ますよね。

土用の丑の日。

この記事を書くまでは、少しだけ、ほんのちょっとだけ

土曜の丑の日だと思っていましたけどね。笑

土曜だと思っていた人いるでしょ!?

安心してください。君は一人じゃない。笑

さて、そういうわけで、今日は土用の丑の日について勉強してみようと思います。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

そもそも土用の丑の日とは!?!?

土用とは季節の変わり目を目安とする雑節の一つで、立春・立夏・立秋・立冬の前の18日間を指すそうで、この期間の間で十二支の丑のに当たる日が、土用の丑の日となるそうです。

ちなみに丑とは、子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥のことです。

そして、その土用の日にうなぎを食べれば夏バテしないと言われているため、毎年この時期になると、うなぎが食べられているそうです。

18日間で十二支という事は、年に2回ある年もあるそうで、2017年は2回あるみたいです。

 

2017年の土用の丑の日は7月25日(火曜日)8月6日(日曜日)だそうです。

 

なんと、明日じゃないですか!!!! なんという偶然。

土用の丑の日がいつなのか全く知らなかったのですが、まさか明日とは。笑

 

最近はネットスーパーで食料を買っているのですが、かなり前から、ずーっと土用の丑の日の宣伝的なものが見えていたので、もう終わったんじゃないかなぁと、勝手に思っていましたが、まさか、まだだったとは知りませんでしたね。笑

 

丑の日は『う』のつく食べ物が縁起がいいと言われていた!!!!

色々調べてみると、土用の丑の日に食べていたものは、『う』のつく食べ物(梅・うどん等)を食べていたそうで、うなぎを食べていたわけではなさそうでした。

現在の様に土用の丑の日にうなぎを食べる週間がついたのは、一説によると平賀源内が関係していると言う説があるそうです。

 

 

 

 

どういう経緯かというと、夏の暑い季節はうなぎが売れない季節だったそうで、平賀源内がうなぎ屋に相談されたそうです。

平賀源内が、『本日 土用の丑の日』と張り紙を出すようにアドバイスをすると、なんと、うなぎ屋が大繁盛したそうです。

その話が、広まって次第に土用の丑の日にうなぎを食べるという週間が定着していったと言う事なのです。

エレキテルだけじゃなかったんですね。平賀源内さん。

っていうか、うがつく食べ物だったから、うなぎ屋さん気付こうよ。笑

って、ちょっと思っちゃいましたが。笑

 

色々調べてみると面白い事がもっと一杯あるような気がしてきますね。笑

 

まとめ!!!!

土用の丑の日は季節の初めの、立○(春夏秋冬)の前の18日間の丑の日ですが、うなぎを食べる週間があるのは、立秋の前の夏だけだそうです。

現在では一年を通して、食べたい時にうなぎが食べることが出来ますが、うなぎの旬は冬だそうで、一番売れない夏の時期にうなぎ屋さんが、うなぎを食べる週間を根付かせたという説もあるそうです。

またうなぎには、体にいい、ビタミンA・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンEが含まれており。

美容や、若返り、ダイエット等にも効果があるそうです。

 

また、DHAやEPAも含まれているようで、血中のコレステロールや中性脂肪を下げる働きもあったり、頭が良くなったりするようで、この時期だけと言わずに、積極的に食べても良いことがたくさんありそうですね。

 

以上、土用の丑の日にはうなぎを食べて、夏バテをシないように元気になりましょう。

 

それでは、また。

 

国産うなぎ食べたいなぁ♪

 

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




CAPTCHA


プロフィール

ken

自宅療養中の30代です。
PS4や3DSでプレイしているゲームや日記等を中心に自分が興味があることを書いています。ご意見や、ご感想のメッセージをいただけるとうれしいです。よろしくお願いします。 [詳細]