死にゲーの魅力!!

calendar

reload

死にゲーの魅力!!

俗に言う死にゲーを初めてプレイしたのは、ブラッドボーンが初めてだった。

フリープレイで登場したのがきっかけなので、2018年春頃に初プレイ。

ゲームは好きなのだが、何をヤッても大体は続かない飽きっぽい自分は、ダウンロードをしながら、どうせ、何回か死んだらやめるんだろうと思い込みながらインストールが終わるとプレイを始めた。

スポンサーリンク

時間はあった。

プレイするだけの時間はたくさんある。

今は、自宅療養中で、暇を持て余している

そんな状況ではあったが、長続きしないだろうなと思いつつ、少しくらいは暇を潰せればいいなと言う軽い気持ちで、コントローラーを握り、とりあえずキャラメイクを始めた。

男だと普通な気がして、女キャラで始めた。

・・・

死ぬ

死ぬ

死ぬ。

ヤーナム市街と言う始めの場所から、進まない

すぐ飽きるであろうと思ったゲームを、一日3時間から、4時間プレイしてしまっていた。

そんな日が3日4日と続いた。

そして、ついに画面に・・・。

武器が壊れそう

そう、初めてプレイする僕は、武器を修理出来るところまで進めれなかったのです。

それくらい、毎日プレイしていたのです。

そして、気がついたら、2周目もクリアしてしまっていたのです。

飽きっぽい自分が、何度も何度も、同じところをくり返しくり返しプレイし、レベルを上げるほどに、このゲームにハマっていたのです。

プレイしている時の恐怖感は、ホラー映画でもみているほどに感じられ、また、何度も死んだ挙げ句にやっとボスを倒した時の達成感や開放感

声を上げてガッツポーズをしてしまう程の嬉しさです

こんなにハマってプレイしたゲームは何時ぶりだろうか・・・。

難しい、敵が強い、すぐにロード画面へ連れて行かれます。

しかし、この強い敵たちも、うまく戦えば、ダメージを受けずに倒すことが出来るんです。そう、ステップやローリングと言ったアクションで、敵の強い攻撃を避ける事が出来るのです。

どんなに強いボスでも、ステップやローリングで攻撃を避け続け攻撃を与えていけば倒せる

そんな不思議な快感やりごたえ爽快感を感じてハマってしまっていたのです。

2周ほどでプレイし尽くした。

死にゲーはこんなにおもしろいのか、いつしか何度も死んで、同じ事を繰り返すゲームに夢中になっていた。

ダークソウルのリマスター版が出るのは知っていた。

注文した。

注文したが、発売までに1ヶ月以上あった。

ダークソウル発売前にもう一つ死にゲーを買ってしまった。

仁王である。

仁王は、ブラッドボーンと違い、操作が難しい。

ブラッドボーンでは右手の攻撃、強攻撃、左手の銃と言ったシンプルな操作なのだが、仁王は、武器の豊富さや、上段、中段、下段という構え等があり、最初は慣れなくて、ブラッドボーンの方がシンプルでよい印象でした。

が、しかし、プレイを続けていくうちに操作にも慣れ、武器の種類や同じ武器でも性能が違うものがあったりと、徐々に仁王の魅力にも気づきハマり始めました。

仁王も面白い

一応クリアはしたのだが、DLCゾーンに突入する時期に、ダークソウルリマスターが発売してしまったので、今は仁王はお休みの時期に入ってしまった。

まぁ、仁王の話はこれくらいでいいか・・・。

そして、今プレイしている

ダークソウルリマスター

ダークソウルシリーズをプレイするのは、初めてだ。

ダークソウルシリーズは、モッサリしていると言う噂は聞いていたのだが・・・。

強い武器や、強い防具は、重い・・・。

なるほど、硬いからかな。

そうは思うが、かなりのモッサリ感

プレイしながら、やっぱり仁王をプレイしようかなぁって思うくらいのモッサリ感でした。

最初はなんじゃこりゃっ~って思いました。

どうして、こんなゲームが人気があるんだろうと・・・。

生身の人間になれば、なぜだか赤い人がやってくるし・・・。

当然勝てるわけはない・・・。

最初の頃は、亡者と呼ばれる干からびた格好でプレイしておりました・・・。

クリアした・・・。

やっぱり、ブラッドボーンで感じたようなボスを倒した時の爽快感と達成感は半端ない。

そして、僕は仁王ではなく、今もダークソウルをプレイしている・・・

そう、2周目をプレイしているのだ・・・。

生身の人間になり、白い天使や、金色みたいな神様達と共に・・・

ダークソウルは、人間になると、協力プレイが出来るのです。

そして、プレイを邪魔しようとする、赤い人達も侵入してきます

そんな侵入者ボス一緒に倒してくれる仲間達・・・

素敵じゃないか!!

面白い。

死にゲーを仲間とプレイするのは、とてもスリルがありドラマチックであります。

仲間といっても、名前年齢知らない人達

彼らが育てたキャラクター僕のキャラクターの冒険を助けてくれる

感動的なゲームです。

達成感、爽快感、恐怖感、喪失感・・・。

日頃忘れていた物を思い出させてくれる・・・。

そんなゲームです。

さて、冒険の続きでも始めようかな・・・。

君もプレイしてみないか!?

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




CAPTCHA


プロフィール

ken

自宅療養中の30代です。
PS4や3DSでプレイしているゲームや日記等を中心に自分が興味があることを書いています。ご意見や、ご感想のメッセージをいただけるとうれしいです。よろしくお願いします。 [詳細]